Great Day for a Ride

【登山】 【丹沢】 丹沢山 [大倉 - 塔ノ岳 - 丹沢山 - 塔ノ岳 - 大倉] #014

2017.07.27 (Thu)



2017/7/22(土)
丹沢山  標高1567.1m 日本百名山
スタート 5:55
ゴール 12:53
山行時間 : 5:32 (休憩1:26)
合計距離 : 19.1 km
ルート : 大倉バス停 - 塔ノ岳 - 丹沢山 -塔ノ岳 - 大倉バス停


久々の登山丹沢山まで歩いてきました。
朝早くから登り始めたので、ほとんど人が居なかったので登りやすかった。
しかし、何度登ってもバカ尾根は疲れますね。
今回も塔ノ岳までで既にバテバテでしたけど、頑張って丹沢山まで歩いてみました。
丹沢山までは思ったよりあっさり行けましたが、帰りの塔ノ岳までが疲れた。

P7220011.jpg 
今日も暑くなりそうだ

P7220017.jpg 
見晴茶屋
ここを過ぎると、キツイ登りがまってます。

P7220019.jpg 

P7220024.jpg 
階段キツー

P7220025.jpg 
きっつ

P7220026.jpg 
階段キツー

P7220028.jpg 
しかし振り返れば富士山や

P7220029.jpg 
秦野市街の絶景が見れます

P7220032.jpg 
富士山にはやや雲が。。。

P7220037.jpg 
塔ノ岳山頂に到着
今回も疲れた

P7220040.jpg 
ややガスってました。

P7220041.jpg
今回は、

P7220043.jpg 
丹沢山まで行っちゃうか

P7220049.jpg 
まだ先は長い

P7220056.jpg 
丹沢山着いた~

P7220065.jpg 
お、ミヤマクワガタかな???
何十年ぶりに見たんだろう。

今回もかなりバテバテな山行でした。
やっぱ定期的に行って、体力、筋力つけないとな。
しっかし、丹沢ばっかりだな。
今年の夏は八ヶ岳か何とかアルプス行けたら良いな~
スポンサーサイト

大菩薩嶺 - 大菩薩峠

2015.08.24 (Mon)
久しぶりに山登りしてきた。
おニューの靴の慣らしの為、歩行距離が短く難易度も低めの大菩薩嶺 - 大菩薩峠を歩きました。
家からバイクで行くにはちょうど良い距離の山。
帰り道はちょい暑かったけど、良いツーリング&登山でした。(帰り道でちょいバイクのアクシデントがありました)

行きは早朝だったので、横浜出発 - 相模湖IC - 勝沼IC - フルーツライン - 上日川峠のルートで渋滞なく行けました。

○大菩薩嶺
2015/8/22
大菩薩嶺
日本百名山
標高 : 2057m
スタート : 8:49
ゴール : 11:57
合計距離 : 8 km
ルート : 上日川峠 - ロッヂ長兵衛 - 福ちゃん荘 - 雷岩 - 大菩薩嶺 - 雷岩 - 神部岩 - 賽ノ河原 - 親不知ノ頭 - 大菩薩峠 - 勝縁荘 - 富士見山荘 - 福ちゃん荘 - ロッヂ長兵衛

20150822083445.jpg
上記ルートで歩きました。

20150822090903.jpg
上日川峠から福ちゃん荘へ行き、そこから大菩薩嶺に行くコースと大菩薩峠に行くコースと2つに分かれます。
私は大菩薩嶺を目指すコースを行きました。

20150822094335.jpg
雷岩ちょい手前で富士山が見えました。

20150822094850.jpg
あっという間に雷岩に到着。
久しぶりで体力落ちたのか、結構ゼイゼイでした。
ここは景色も良いので休憩ポイントですが、とりあえず休まず山頂を目指します。

20150822095538.jpg
雷岩から10分ぐらいで山頂に到着。
噂通り、木に囲まれていて景観は無いので雷岩まで戻ります。

20150822100417.jpg
雷岩で少し休憩。
眺めが良いです。

20150822100428.jpg
うーん、ほんとキレイだな。

20150822102804.jpg
次は大菩薩峠を目指します。
ここからは景色も良く、ゆるーい下りで歩いていてとても気持ち良い!
風も気持ちよかったな。

20150822103648.jpg
振り返る
いい天気で良かった。

20150822105350.jpg
また振り返る。
この稜線歩きはホント気持ち良いです。

20150822105544.jpg
あの小屋のあるところが、大菩薩峠だな。

201508221108211.jpg
到着
団体さんと同じタイミングになってしまったので、早々に下山しました。
全然疲れてなかったし。
ここから上日川峠までは、単調な林道を下ります。

丁度お昼ぐらいに駐車場まで下りてきました。
ゆっくり歩いて、3時間の山行でした。

帰りは全部下道で、上日川峠 ⇒ 裏道志道 ⇒ 246 ⇒ 横浜で帰ってきましたが、、、、
裏道志道を気持ちよく走っていると、急にカポカポカポって爆音が響きました。
何事かと思いすぐに減速しながら、この音はマフラーが外れた音だなと思った瞬間、カランカランってマフラー落っこちましたorz

oh~

幸い後続車は無く、二次災害はありませんでしたが、マフラーはガジガジの傷だらけになりました。。。。
せっかく作ってもらったのに

で、外れた、ボルト類をしばらく探すも見つかりませんでした。
工具も、スペアボルトも無し。
どぼしよ・・・・と思ってザックをあさると、スマホホルダをマウントする時に使う、六角レンチとビニールテープがありました。
マフラーと車体の取り付けボルトの穴に、六角レンチを差し込み、ビニールテープでグルグル巻きにして、何とかマフラーを車体に取り付けることが出来ました。(グラグラだけど
エンジンをかけると、排気漏れもなく、走ることは可能になりましたよ。
チョコチョコ止まって確認してたけど、またマフラー外れるかもってドキドキの走行でした。
すごい疲れた。

しっかし、これが高速道路じゃなくて、ホント良かったです。
もし高速道路で突然マフラーが外れたら、大事故につながりますもんね。
きっちりボルト、ナットのチェックと整備しないといけませんね。
あと車載工具も絶対に必要だな。

雲取山 (丹波山村村営駐車場 - 雲取山 日帰りピストン)

2015.06.14 (Sun)
雨の心配がなさそうなので、雲取山に登ってきた。
今回の山は東京都の最高峰で初の2000m級、初の100名山。
下調べで、日帰りに適したルートは、難易度も低く距離も短い丹波山村村営駐車場 - 雲取山のピストンらしいっす。

朝5時に横浜を出発して、初めて走る圏央道(ショベルで初高速道路)
途中で壊れないか心配だったけど、無事丹波山村村営駐車場に到着。
途中朝ごはんや、道調べたりして、だいぶ遅れてしまったけど。
奥多摩湖周辺の道路は走っていて気持ち良かった。

2015/6/13
雲取山
標高 : 2017m
スタート : 8:44
ゴール : 15:00
山行時間 : 6:16
合計距離 : 21.7 km
ルート : 丹波山村村営駐車場 - 堂所 - 七ツ石小屋 - ブナ坂 - 奥多摩小屋 - ヨモギノ頭 - 小雲取山 - 雲取山 - 小雲取山 - ヨモギノ頭 - 奥多摩小屋 - ブナ坂 - 七ツ石山 - 七ツ石小屋 - 堂所 - 丹波山村村営駐車場

スタートが遅れてしまったので、少し急いで登ったら、思ったより早く山頂に到着しました。
行きは七ツ石小屋ちょい先の分岐で七ツ石山は登らず、巻き道経由を選択。
巻き道 - ブナ坂はとても緩やかでしっかりクールダウン出来たのが良かった。
体力回復できたので、一気に山頂へ。
山頂はハエが大量で、あまり落着けなかったので、早々に下山。
帰りは七ツ石山経由で。

終始曇りで眺めは良くなかったけど、梅雨時の休日に雨に降られず登山出来たのは良かったのかな。
初100名山登頂





20150613084821.jpg
ここまで良く頑張ったショベル

20150613085159.jpg
8:45 登山スタート。
だいぶ遅れてしまった。。。

20150613134002.jpg
七ツ石山・雲取山 方面に進みました。
ブナ坂方面だともっと楽に登れるのかな??

20150613102015_20150614155125df6.jpg
七ツ石小屋
ちょい疲れたけど、スルー

20150613102350.jpg
ブナ坂・雲取山 (巻き道経由)で進みました。
七ツ石山・鷹ノ巣山(千本ツツジ経由)は結構な急登です。
巻き道はほぼフラットなゆるーい登りなので、消耗した体力の回復が出来ます。

20150613104526.jpg
ここからは広く緩い登り道です。

20150613104613.jpg
こんな感じ

20150613104937.jpg
晴れていれば、もっと良い眺めなんだろうな。

20150613105222.jpg
おっ、これがダンシングツリー

20150613110401.jpg
おっ、ここがヘリポートですか。
このちょい先にテント場がありました。
いつかテント泊したいな。

20150613110219.jpg
晴れていれば・・・

20150613123942.jpg
テント場を上から。
テント泊いいなぁ

20150613113221.jpg
小屋が見えた!
あそこが山頂かな?

20150613114505.jpg
11:45 到着~
丁度3時間で登れました。
頂上でゆっくり昼飯食べようかと思ったけど、
ハエが自分の周りを常に10~20匹ブンブン飛んでいて、落着けないっす。
なので早々に下山してしまった。

20150613131645.jpg
帰りは七ツ石山経由で無事下山できました。
 | HOME |