Great Day for a Ride

1966 Early Shovel 製作記 9

2017.07.16 (Sun)
いよいよ足周りを組んでいきます。
徐々にバイクらしい姿に。

フロントは74スプリンガー
テーパーベアリングにグリスをたっぷりつけて組み込みました。
フォークの可動部もグリスアップ

20170708155353.jpg 
憧れのスプリンガーフォーク

リアドラムを仮組してホイールをフレームに取り付け。
前後18インチの黒リムにALLSTATE SAFETY TREAD
ビンテージな雰囲気ムンムンでカッコ良すぎ!!!!

20170716165354.jpg 
ズバッとチェーンラインが出れば良いけど。。。

ミッションはもともとメッキだったので、グラインダーで出来る限りメッキを剥がしたけど、見てくれがよろしくないので、黒っぽく塗ってしまいましょう。

20170716165439.jpg 
脱脂してマスキングしたので、塗ってもらいます。

今回はここまで。
色々パーツが足りなかったりするので、注文しないと。
スポンサーサイト

1966 Early Shovel 製作記 8

2017.07.07 (Fri)
今回はミッションのメインシャフトのオイルシールなどを交換していきます。
4速ミッションはここからオイルが漏れやすいので、サンダンスの対策部品を組み込んでいきます。

20170617133400.jpg 

20170702135707.jpg 
リークレス スラストスペーサーと
リークレス デュオシールナット
少々お値段が高いけど、効果があるっぽいので導入してみました。

20170617140058.jpg 
特殊工具でオイルシールを抜き取ると、まーびっくり!!

20170617153139.jpg 
ニードルベアリングが1本無い。。。
さすがにこれは見て見ぬふりは出来ないので、ベアリング発注しました。
作業ストップしてしまったので、細かいところを変更。

20170617153340.jpg 
ミッショントップカバーが6角ボルトでとまっていたので、
古っぽい"-"スクリューに交換しました。

まだまだ続きます。

1966 Early Shovel 製作記 7

2017.06.19 (Mon)
少ーしずつ進めているアーリーショベル製作です。
前回はどこまでだっけ?
シリンダーベーススタッドの雌ねじに不具合があって、要ヘリサートってところでしたね。

7/16-14のリコイルキットを購入して、慎重に処理しました。
場所が場所なだけに、切り粉を落とさないようにゆっくり修正していきます。
ここは素人では難しいのでプロにお願いしました。

20170619102838f86.jpg 
無事にねじ山復活してスタッドボルト挿入!!

20170619102840cb0.jpg 
シリンダーを組んで規定トルクで締め込みました。
バッチリ!!

2017061910284853f.jpg 
ロッカーシャフトの遊びをガタがなく、かつスリスリ動くようにシムで調整しました。

20170619102848de5.jpg 
シリンダーヘッドにロッカーカバーを組み込み。
リア側の左目がずれた( •́ .̫ •̀ )
ガチャピンですな(^ω^)

20170619102849026.jpg 
ヘッドをのっけて、軽くボルトで締めます。
本締めする前にマニホールドを付けて位置だしを行ってから規定トルクで締め込みます。
プッシュロッドは、ソリッドなのでプッシュロッドを手で回して少しキツイぐらいに調整しました。

2017061910293289b.jpg 
オイルラインを組んでエンジン完成!!
早くエンジンかけたいわ‼

次はミッションのオイルシール交換など進めます。

1966 Early Shovel 製作記 6

2017.04.24 (Mon)
アーリーショベルの製作を進めました。
今回はピストン、シリンダーを組み込んでいきます。

201704240848018df.jpg 
サクッとピストン組み込み
ピストンピンクリップがスパイラルタイプでちょい難儀したが、なんとか組めた‼

20170424084801149.jpg 
シリンダーも組み込み、ベースナットを締め込んでいくと、問題がありました。
一本だけ、グーっとトルクをかけていくと、ヌルっとした感覚がっ‼‼
バイク整備する人ならすぐにわかる、

あ、これダメなやつだ

って感じですわ。

シリンダー外して、スタッドを抜いて確認すると、
20170424084803d12.jpg 
何やら、ヘリサートが挿入してあり、それがバラバラに砕けてました。

なんてこった。。

慎重に破片を取り除き、再度ヘリサートを挿入してみますが、
このサイズのリコイルは手持ちが無いので、発注しました。
次回トライしてみます‼

うまくいけば良いが。。。
ダメなら、、、、考えたくないな(*_*)

ほいじゃ(`ε´ )ノ

1966 Early Shovel 製作記 5

2017.04.03 (Mon)
シリダーヘッドをサンドブラストでキレイにしました。
20170403105618898.jpg 
ブラスト中の後ろ姿
しかし太ったな。。。。
オフロードバイクやらなくなってから、ブクブク太って、現在80kg
あちゃー(×_×)
アーリーが完成したら、エンデューロ競技に復活予定です。
朽ち果てたYZ125があるので、フルレストアしてからだけどね。
今シーズン1回ぐらい出れたら良いけど。
ハーレーでゆっくりツーリングも良いけど、たまには2スト レーサーでパイーンとオフロード走りたいです。

さて、
20170403105604f4e.jpg 
before

2017040310561238f.jpg 
after
良い比較写真が無いので、あんまりキレイになってないように見えますが、
けっこうキレイになりました。

20170403105619b71.jpg 
エアーバルブラッパーというツールを借りて、バルブの擦り合わせを。
中目→細目のバルブコンパウンドを使ってダララララってあっという間に擦り合わせ完了。

201704031056081cf.jpg 
バルブステムシールを打ち込み、バルブ周りを組み込んで行きます。
自分メモ:バルブステムシールは後期ショベルのが適合しました。ロッカーの目玉も後期でした。

20170403105613616.jpg 
でけた!!
どーか白煙とか出ませんようにナムナム

2017040310561286b.jpg 
ピストンは再利用する為、こちらもサンドブラスト
腰上はオーバーホールしてあったようで、状態が良くて助かりましたわ。

次回はロッカーカバーの組み込みと、シリンダーを磨いて耐熱塗料で塗装をしたいと思います‼
 | HOME |  Next »