Great Day for a Ride

【ショベル】【メンテナンス】 オイル交換 & チェックバルブ確認

2016.09.18 (Sun)
少し前から、その日一発目にエンジンかける時に、ブリーザーホースからオイルがジャバジャバ排出されるのが気になってました。
エンジンかからないと、キックのたびにブシュブシュ出て、路面がけっこうなオイル溜まりになって困った。
エンジンがかかってないとき、オイルタンクから降りてくるオイルを止めるチェックバルブがオイルポンプにあります。
そのチェックバルブに不具合があると、バルブを通過してどんどんクランクケースに溜まります。
その溜まりすぎたオイルがキックの度にブリーザーホースから排出されるのが原因である事が多いそうです。

今回オイル交換のタイミングだったので、一緒にチェックバルブの点検交換を行いました。
チェックバルブはオイルポンプを外さなくても、大きいマイナスネジを外せば取り出せるのですが、
マイナスネジが硬くて回らなかったのでオイルポンプを外した。

20160917 163021
ついでにオイルポンプの各部をチェック

20160917 163006
どーでもいいが、古いガスケット剥がすの大変だった。

作業中、オイルで手がベタベタで全然写真撮れなかった。
肝心のチェックバルブも写ってないし、超どーでもいい画像しか撮ってなかった。

チェックバルブはパチンコ玉より少し小さなボール状なもので、上からスプリングで押さえつけられてます。
スプリングやボールがヘタっていたり、異物を噛んでいたりすると、本体に密着せず、そこからオイルが流れてしまうのです。
なので、バネとボールは新品に交換して、本体側は専用工具ですり合わせして、ボールが密着するように修正しました。

この後、オイルポンプを取り付け、エア抜きしてエンジン始動。

この段階ではまだ直ったか分からないです。
一日おいて、ちゃんとチェックバルブが働いていればもうブリーザーからオイルブシュブシュは無いでしょう。
これでもまだ出るようなら、もっとやっかいな所の不具合だと考えられます。

これで直ってくれ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック